雪の阿蘇



方財海岸






浜千鳥




 
   
新生血管                          2001.06.7

 なぜ、お灸をするのか。
 なぜ、お灸は効果があるのか。
 火傷をするだけではないのか。

 白血球が増えるから。
 新陳代謝が良くなるから。
 血めぐりが良くなるから。
 熱刺激による効果。
 喰菌力が増えるから。
 昔から効果がある事は解かっていたから。
 色んな、答え方をして二十年も治療を続けてきました。

 さて、お灸はどうして効果が出るのでしょうか。
 確かに、変形性の膝関節炎、肩関節炎、五十肩、腫れ物、中耳炎
 扁桃腺炎、気管支喘息、自律神経失調、慢性肝炎、諦めていた病気ばかり 
 治したと言うより、治って頂いたと言うべきでしょう。
 お灸に助けて戴いた、治療師です。

 永い日月、灸とのご縁の中で確かに感じる事があります。
 それは、お灸は新たに血管を造ると言う事です。
 ひどい関節炎が治るには、血管が出来る外に道が無いのです。
 慢性肝炎は、新たな血管と肝細胞の両方が出来ないと助からないのです。 

 火傷をすると身体は皮下に新生血管を作ります。
 それは小さな小さな毛細血管です。
 放って置くと三日で消失してしまいます。
 しかし毎日毎日、お灸し血管を使い続け、三ヶ月も経つと
 立派な血管となって、バイバス作用を起すのです。

 血管が出来ると、もう再発する事は無いのです。
 その事を何度も何度も体験したから、続けて下さいと
 本気で続けて見て下さいとお願いするのです。