宮崎県 延岡市 鍼灸院     宮崎市 矢の先 
治療室から
ムチウチ症
肩こり治療
頚椎捻挫後遺症
五十肩
ギックリ腰
慢性腰痛
私も腰痛
第五腰椎の謎
坐骨神経痛
椎間板ヘルニア
根性坐骨神経痛
膝関節炎
膝関節治療
膝関節を治療
する
筋肉痙攣
めまい
メニエール症候群
更年期障害
頭痛
頭痛2
大後頭神経
自律神経失調
慢性肝炎
尿失禁
扁桃腺炎
坐骨神経痛種類
頚部リンパ誘導マッサージ法の効果

  めまい・不眠・吐き気・頭痛・不安に襲われ、悩む者の多くは、MRICTでの脳診断や内耳の診断でも確実な原因の解明が得られない。その為に自律神経失調症・更年期障害・躁鬱(そううつ)症などの診断され、その関係の薬剤を投与され治る可能性を絶たれ苦しんでおります。

 社会生活のリズムや食物、そして生活環境が神経を冒す可能性もあります。しかし我々の父母の時代には滅多に無い症状や病気です。なぜ現在は、完治しない病が増えたのでしょう。

 昔は治す為に診断を行い、治す目的の治療が行われていた。今は行われていない。あまりにも健康保険を受ける為のマニュアル治療が主流になり、治さなくても料金が頂ける事が、当たり前に成ってしまった。

昔の治療法、「気・血・水をなおせ」の記述意味はなんだろうか。

 気とは、気の持ち方「心のあり方」・気が弱い「心が弱い」・気がする「思う」など、人の心の動きを示す言葉。気が変になった・気が違うは精神神経が壊れた状態を示します。     
 血とは血液、鍼灸や漢方では、遺伝や慢性傷病、過労や伝染性の病気も血と捉えます、リウマチや更年期障害及び血の道と呼ばれる更年期障害、血の病、血液の代謝や流れの悪いもの等も於血症と呼び、血に関係する病と捉えます。

 水は、打ち身時の血漿、膝関節炎の水腫をなどを指している、下肢や腕の浮腫(むく)み、広義では腎臓膀胱の病も水の症として扱っている。

 では、気・血・水を治療する方法は何なのか。

気は鍼療治療、血は灸治療、水はもみ療治(マッサージ)で治す事になります。

 主題の症状は、頸肩周囲のリンパ循環を良くする事が完治への近道です(総てではありません60%は超えるものが完治しています)。説明の為、病気を理論上で作成してみます。

 
メニエル症候群、めまい、と言った病気の原因は、内耳の三半規管の異常、三半規管の内リンパ圧の上昇と医書にあります。別には遊離耳石(耳の石が解離して三半規管内に漂う)による障害、特殊な事情として腫瘍よる前庭神経の炎症による。

頸肩周囲リンパ停滞すると耳下腺の周囲のリンパ圧はあがります。又後頭部筋肉血液循環が阻害され、頚部筋肉が硬縮と手がしびれ、頭と頸の境の筋が固くなると、頭がふらつき、耳鳴りを起こし、後頭神経の圧迫の為に頭痛や不安不眠と言った症状が発生する。

逆に頭痛や吐き気、不安など持つ患者の多くが肩こりを起こしています。僧帽筋や頭の板状筋や斜筋、乳突筋など頭を支える筋肉が硬くなる症状です。

筋肉が硬くなる原因は筋肉内の水の停滞、つまりリンパ循環が悪いのです。眼の疲労も肩こりを誘発しますし、頚椎捻挫後遺症や頸肩腕症候群、上腕の痺れや痛みの場合も頭周囲のリンパ循環が悪くなり、後頭神経や小後頭神経の圧迫を起こしている場合が多い見られます。

 
江戸中期の名医後藤艮山先生は「百病は一気の留滞に生ずる」と主張している通り、気血水の滞りを無くす治療が必要と感じます。古来「もみ療治」で使われてきた、抑按調摩(抑制するには按じ、調整するには摩擦しなさい)と言う按摩法をより進歩させ頚部リンパ循環誘導法を完成させました。

頭周囲・頸・肩の根・腋下・上肢のリンパ循環をよくする手技術をお試し下さい。

種子島散策

 ドンベルタン号


 宝満の池


 ロケット発射台横





鉄砲伝来地


南種南端