治療とは思い方                    2001.06.4
クリックで大きな写真


蘇鉄の大木

癒し癒されて

治療院


  
この程度だから、何とかなるだろうと
 ほって十数年が過ぎた、その結果できた借金。
 1ヶ月で返せるか。

 病気も同じで、ギックリ腰を起した、
 この程度だから、その内に治るだろうとシップを貼るだけの治療で四〜五年過ごした。
 結果、椎間板障害を含む、坐骨神経痛を発症させてしまい、寝る事も歩く事も容易にならない。

 それでも「早く、簡易に治して下さい」とおっしゃいます。
 何でも願う事により、思うようになる。
 確かに、願わない事は実現しませんので、
 その意味において「願う」と言う考えは正しいのです。

 しかし「何でも便利に簡易になる」が問題、
 近道や楽にしょうとした結果が苦痛や苦労を招く。

 願うようになる。
 治る事を信じ、なおる事を願い、本気で治療をすれば結果は自然に治るように働いてきます。

 この程度だから、その内に何とかなるだろうと思っていると。
 どうにもならない結果を待ち、願っているのです。

 焼酎一杯飲んで、この程度だから心配ないと運転。
 この前は一杯で無事、大丈夫だった。
 今日は二杯までは大丈夫だろう、結果事故。
 その日でなくても事故に遭う日まで、大丈夫、この程度。

 ちょっと、本気になって、自己を見てごらん。
 何を本気に願っているのか、何をしょうとしているのか。

 人生に、一番危ない考え方は、「この程度」「大丈夫」