院内報 「もぐさ」   23号 

 「修練」

何事も、簡単に便利になった、この時代です。

技術大国「日本」と呼ばれ、日本人の技術の正確さや器用さは、世界に誇れるものです。先日の鍼灸師会の理事会において、亡くなられた先輩鍼灸師のお話をされていました

「あの人の診断は有名だった
医師の診たてより正確で人気があった」と・・・

病院の診断があてにならない、例え診断は正しくても、治らないと言う
話が多い。

 「まるいあん」に於いても、何人かの研修生を預りました。

是非、一人前になって、周囲の人々のお役に立つ鍼灸師になって欲
しいとの念願から、研修をさせるのです。

 でも、完成を急ぎ、一人前を急ぐ為に、基本をしっかりと学ばない。
実治療になると、基本を学んでいないので、一番重要な治療技術〔僅
かな角度や方向〕を自己流にしてします。

 【藤河内渓谷の山道】

  

 結果、軽い治療となり、表の効果は似ていますが、完治を結果、望む
治療結果がでません。

〔本人としては、素晴らしい治療を行なったと自負はあるのだか〕

 本来、技術は学べないものです。

技術は他人の技術を見て、己の中に作り出す。ですからその過程にお
いて、何度も何度もやり直しを
して、練習をする、そして間違いを何度も
修正する。一度や二度ではなく、数百回、数千回繰り返して
行なう時、
己の中に形成されるのです。

 その事を、「修練を積む」と表現したのです。

見かけを整えると、理論や方法論に拘り、肝心の技【わざ】術【じゅつ】
を生まれ創り出す事ができません
ですから、頭でっかちの「迷い医者」
や「迷い鍼灸師」が生まれて来るのです。

 ガラス職人、基本の玉を作るのに、三年間必要ですと、NHKお昼の
番組。情報過多の現在、医療技術習得には少なくとも、免許取得後、
七年間は必要ではと感じます。

 本ものの、技と術は、そこから育ちます、まとめますと、技と術は、まね
てまねて、何度も繰り返して、自分自身の中に生成させる、能力と言う
力です。

その生成して行く方法を、修練と呼ぶのです。

こんな事を言う、私は時代遅れなのでしょうか。ある割烹の料理長曰く「
コックの必要の無い、レストランばかりですから」

今に、ドクターの存在しない病院が出来たりして・・・・

【阿蘇山頂】   

   「治らない気がする治療」

 三月の半ばを過ぎると、新しい患者さんが増えてまいります。

花の季節には神経の病気が増えると昔から言われるように、神経痛、
肩こり、手足のしびれ、不眠不安症、むち打ち症、ひざ関節炎等が増
悪します。

 病院に行き、エックス線検査やMRI検査をし、注射をして、湿布薬や
睡眠導入剤等を頂いて帰ります。

 来られた皆さんが一応に言われるのです、もう一年余り通ったけど治
らない、治る気がしないと。

ある耳鳴りの患者さんは、数年間耳医者〔耳鼻咽喉科〕に通ったけど
、耳鳴りが止まらない、どこに行けば良いのか解らないと・・・

 頸肩腕症候群と五十肩を併発している患者さん、一年経過すれば治
ると言われたのに三年経つが治らない。

 不眠症で悩んでいる人、薬をやめて眠れるようになりたいのだが、薬
を止めたら、益々眠れないようになった。

  【白鷺と五位鷺】 法財港にて

 頸椎症の患者、「ほとんどの治療院を回りました」よく聞いたら、すべ
てが、無免許、無届治療院でした。

 治す事を許されていないので、治療院の名称が使えない、鍼や灸を
使えないので、鍼灸院の名称が使えないのです。

 カイロプラクテックや整体は、身体の姿勢をよくするもので、治療をす
るのではないと、厚生省に届け出て居ます。

 つまりカイロプラクテックや整体は治療をしない、姿勢をよくするところ
です。だから治療師の免許が無くても、
良いのです。

 延岡ジャスコ内でも行なっている、マッサージは、違法です。

体重をかけ痛みを感じる程度の圧迫を行なう場合は、マッサージの免
許が必要です。

エステと称しても、マッサージ行為として逮捕されます

 一年以下の禁固もしくは、五十万円以下の罰金刑に処せられます。

 今年一月に神奈川県、福井県、二月東京都、三月には、本県、都城
で逮捕者が出ております。

 こんな無資格無免許の人達が、病気を治せるはずが無いでしょう。
 考えれば誰でも判るはずです。

 新興宗教でよく失敗する人がおりますが、自分に都合のよい事が、簡
単に手に入ると思うから、騙されるのです。

じっくりと考え、それなりの努力を惜しまずに、養生や運動、食事、生
活習慣等を正しくすると、結果は次第に
良くなるものです。

          ご自分の努力なしに、手に入る健康なんて

     嘘っぱちに決まっていますよ。

【咲き初めし、恒富の桜花

 

「治療の目的」

「存在の目的は何か」

 農協は、農家の暮らしを良くする為、農家の出資金で創られましたが
、農協職員の給料を稼ぐのに精一杯になっております。

 市や町も同じく、市民町民の幸せの為に創られた組織です、いつの
間にか、それを操る人々の為に、違う

目的に利用されている感があります。

 同じく、病院や治療院も、病気で苦しむ人を助ける目的で設立される
ものですが、医師や治療師の儲ける場所になった感があります。

 治療に関しても、何をどう治すのか、はっきりとしないと治療効果はま
ったく現れません。

 数例あげてみます、例@、ギックリ腰の時に、腰骨を動かしても、痛み
は消去されません、理由はギックリ腰は、腰の筋肉捻挫ですから、腰の
筋肉の捻挫を治療しないと、何時までも治りません。

春日神社の鳥居と桜

 例A、むち打ち症は、頸部をむちのように、反動を付けて、後ろにそら
し、その後前部しゃくり打ち付けた状態で、
前頸部下部に強度の筋肉
や椎間に損傷を起こしたもので、
X線検査では確認が取れません。

 その部の血行、リンパ循環を促し、細胞や椎間の栄養状態を保ち、自
然治癒できるようにする事が大切です。

例B、膝関節炎の治療方法が一番間違いが多いのに驚きます。膝関
節炎は、最初、膝の十字靭帯の損傷から発症します。原因は転んだ、
打撲、体重増加による過負担等です。

 ほとんどの治療院、病院が、十字靭帯の治療を行なっていないので
す、単に膝関節を暖めたり、大腿四頭筋の筋肉強化をしたり、これでは
膝関節自体にずれが生じたり、十字靭帯の硬直化により、異常な力が
半月板にかかり、損傷ししてしまいます。

 治すべき場所が解らないままに、治療と称して、規格治療を行なって
も、おそらく、思う治療効果は得られない
でしょう。

 患者はご自分の病状、病気の原因を詳しく説明をして頂き、原因に
ついて、本当に思い当たるか、何をどう治療するのか、効果の出る期間
はどの程度かを詳しく質問して、治療をして頂きます。

 その後、治療期間が経過しましたら、再度、その原因経過について検
証をされると良い結果が得られると思います。

患者も先生も、効果のない治療を続けていける時代は、終わったので
す。

 無駄を無くし、本当に治せるものが、治療は行なう。治せない病気や
症状は、治せる所を、速やかに紹介して、早く治って貰うことも、大切な
治療院の役目です。

編集後記

 新旧年度の変更時期、決算や予算総会等めじろ押しの毎日の中、
時間に追われながら完成しました。誤字脱字の段お許し下さい。

院内報 もぐさ 23号

発行者 (有)丸井庵ヘルシー

宮崎県延岡市愛宕町2丁目37番地

電話 0982-33-4794