ふらつき  宮崎県 延岡市 鍼灸院 
丸井太郎
治療集
ムチウチ症
肩こり治療
頚椎捻挫後遺症
五十肩
ギックリ腰
慢性腰痛
私も腰痛
第五腰椎の謎
坐骨神経痛
椎間板ヘルニア
根性坐骨神経痛
膝関節炎
膝関節治療
膝関節を治療
する
筋肉痙攣
めまい
更年期障害
頭痛
頭痛2
大後頭神経
自律神経失調
慢性肝炎
尿失禁
扁桃腺炎
坐骨神経痛種類

 頭がふらつく事を眩暈〔めまい〕と呼びます。
眩暈に襲われると、吐き気や耳鳴りを伴うこともあり、メニエール症候群と呼ばれます。高血圧や脳腫瘍等で発生する事もありますが、多くは原因不明で処置されるものが大半です。治療日記に、ある看護婦さんのお話がありますので、ご紹介します。
〔医療関係者ですので匿名にして置きましょう〕

 ある日の夕刻の事です、タクシーで当治療院の前で、婦長さんが、下車されたのですが、中々お入りにならないのです。気になって、玄関から覗きながら、出迎えてみると、何やら運転手と口論しているのです。

  「私がどこの治療を受けようと勝手でしょう」と、一般の人にすれば、何処の馬の骨とも、知れない怪しい治療師なのかもしれません。そこに格式ある病院の婦長さんが、病院より直接に治療院に乗り付けると、どうしてと感じるのも、不思議な事ではないのでしょう。

  しかし、婦長さんに取っては、とても大切な癒しの場所であったのです。
この事件の一年前に遡るのですが、婦長さんは、過労でメニエール症候群に罹り、頭を持ち上げる事も出来ない、眩暈に襲われて、困って当治療院の話を聞き、わらを掴む想いで、来院されました。

 その時は激しい肩こりの為に、頸部の耳下腺や顎下腺リンパ節が硬直し、内部リンパ圧が上がり、内耳の三半規管に異常がおき、前庭神経炎を発症させたと仮定し治療を致しました。

  丁寧な、頸部誘導リンパマッサージと耳の周りのツボと頭のツボにお灸を1月程続けて完治したのです。ところがつい十日程前に、再発し来院しました。でも触診の結果はリンパ圧も病が出る程の物ではないのです。

  注意をしながら、耳の周囲を調べると、鼓索神経付近に何か粟粒状の物が感じられるので「鼓索神経に2_程度の腫瘍があり、その為でしょう。検査はお宅が専門でしょう」とお伝えしました。

  数日後、大分医大の教授に、お話をされると「たかがマッサージ師に、そんな事解かる事ないでしょう」と一笑されました。その後に教授は一笑したのですがと気になったのでしょう。病院に電話があり「婦長、念の為に調べてみましょう」と言う事になり、大分医大で入院検査をしました。

  CTで小さい物を、輪切りで探し見つけるのです、苦労された事でしょう。一日では発見できず、やっと三日目に、その腫瘍は発見されたのです。教授から、「大した指の感覚を持つ者も居るんだね」と、最高の賛辞を頂きました。

 その事を伝える為に、当院来る途中の事だったのです。その後、宮崎医大で手術をされ、病気は完全に治癒されました。

  手術前に婦長さんはね。「先生間違っていたよ、実は腫瘍は1.6_で二割も違い違えて」

  そう、そんなに間違っては、申し訳ないね「今度からは、指にノギスメーターを付けて正確に測るようにするよ」と。
 
 決して東洋医学、鍼灸学、ツボと言うものは、非科学では無いのです。今後時代が進むにつれて、本物の技術者の手で証明される事でしょう。

メニエール症候群
は灸治療で確実に治る例が多い病気です、又耳石剥離による一過性のめまいは、頭の位置を転換しながら、石を蝸牛の中に収めると治ります。〔遊離耳石転置法〕、しかし耳の中や扁桃腺に炎症があり喉の痛みと耳閉感のある めまいにはやはり内耳の炎症を止めるお灸が著効します。


捻挫テーピング
雪の朝
  メニエール症候群 
原因は耳の中のリンパ水腫であると言われています。内リンパ水腫がなぜ生じるのか現在は不明とされています。 
 メニエール病の診断基準として日本めまい平衡医学会の次のように見解を表しております。
1.回転性めまい発作を反復すること
 
@めまいは特別の誘因なく発来し、嘔気、嘔吐を伴い、数分ないし数時間持続する。
 A発作の中には「回転性」めまいでない場合もある。
 B発作中は水平回旋混合性の自発眼振を見ることが多い
 C反復性の確認されぬ初期発作では、めまいを伴う突発性難聴と充分識別されなければならな  い。

2.耳鳴、難聴などの蝸牛症状が反復消長すること
 @耳鳴、難聴の両方またはいずれかの変動に伴いめまい発作をきたすことが多い。
 A耳閉塞感や強い音に対する過敏性を訴える例も多い。
 B聴力検査では、著名な中、低音部閾値変動や音の大きさの補充現象陽性を呈することが多い
 C一耳罹患を原則とするが両耳の場合もみられる。

3.1.2の症状をきたす中枢神経疾患、ならびに原因既知のめまい、難聴を主訴とする疾患が除外
  できる。
  
  これらの疾患を除外するためには、
  問診、一般神経検査、平衡機能検査、聴力検査を含む
  専門的な臨床検査を行い、ときには経過観察が必要な場合もある。


 上記のように、メニエール病の症例の確定は難しく、最近NHKの試してガッテン番組の中で、耳石剥離
による、めまいと治療法を放送しましたが耳石剥離による、めまいはメニエール病とは異なります。
 
  また高血圧や貧血、自律神経失調によるめまい等があり正確にはどこからをメニエール病とするのか
 難しいです。我々鍼灸師は耳鼻咽喉科や内科による診断でメニエール病及びメニエール症候群と診断
 されたものをメニエール症候群として治療を行なってまいりました。

  確かに治療の過程の中で医療機関で効果の出ない症候群の方がかえって効果が良く出るようです。
 50数名の治験例の中での治癒率は60パーセント程度です。

  何が効果があり何が効果が無かったのか、上記の症例判断も難しいようにはっきりしませんが。
 難聴や耳鳴が治るものは、低音の耳鳴りで高音の耳鳴りは治癒しない場合があります。

 また耳鳴、吐き気、回転性眩暈が三つ伴うものが良く治ります。
 ひとつでも欠けると治癒率が悪くなるようです。また喉や耳の痛みを伴うものは治りにくい傾向にあり
 ます。

 治療法はエイ風穴、ガンエン穴、承栄穴、曲池穴、崑崙穴、肩井穴、完骨穴等に透熱灸で半米粒大の
 小灸を7荘ずつ行い、効果の出るものでは、10日目より効果が確認され、30日程で完治します。

 なぜ効果が出るのかについては、
@お灸は消炎効果が強い。
A化膿菌や結核菌に対する喰菌力の増強が認められている。
Bリンパの還流が良くなるC血液の流れが良くなる〔新生血管をつくる〕等の働きが耳の中のリンパの腫
 れや化膿菌による腫れを消滅させているのではと仮定しております。