まるいあん グループ
丸井太郎
治療集
ムチウチ症
肩こり治療
頚椎捻挫後遺症
五十肩
ギックリ腰
慢性腰痛
私も腰痛
第五腰椎の謎
坐骨神経痛
椎間板ヘルニア
根性坐骨神経痛
膝関節炎
膝関節治療
膝関節を治療
する
筋肉痙攣
めまい
メニエール症候群
更年期障害
頭痛
頭痛2
大後頭神経
自律神経失調
慢性肝炎
尿失禁
扁桃腺炎
坐骨神経痛種類

   まるいあんグループの結成理由   

【古法灸術の伝承】

 「我々は 治す」を合言葉に、丸井庵の灸治療のグループを結成しました。「治す」目的で集まった、灸治療家の梁山泊的集団です。
「治せないのなら金を取るな、治さないで金取るのは詐欺行為だ
。」「最低でも灸師は詐欺になってはならない」がつい口癖になってしまいました。

 私は仲間や患者さん達に話します。「治癒の時間を待つてはならない。すぐに治せと」「その内に、どうにかなるだろう」と、「若い頃、喧嘩や転倒で打撲や捻挫等の怪我をした、数日経つと痛みも軽減し又働けるようになった経験がある」

 自然治癒した経験から、「また良くなるだろう、その内に治るだろう」と時間を待ちします。治療を行う者達も「痛みを止めて待つと」「やがて時間が経てば」どうにかなるだろうと安易な考えで治療を行います。

それが・・いつ迄待っても・・・治らない。

 二ヶ月・・三ヶ月・・やがて慢性神経痛、変形性関節炎になる。慢性症にした後、「あそこの病院が良いよ、あそこの治療師が良い」と、あちらこちらと渡り歩く。「慢性だから・・治らないよ」と、次第に自分心を諦めで満たしてしまい。「どんな治療をしても、結果は同じだよ」「俺も努力はしたよ、病院も幾つも回ったよ」とそんな患者さん達が治療を受けに集まって来る。

慢性でない患者さんなんて、一日一人も来ない。二十年の治療生活で来られる、急性症は、ギックリ腰と扁桃腺ぐらい。

 治療師は「時間を待ってはならない」たとえ慢性になっても「時間を待ってはならない」確かに、病気は身体が治す、自然治癒力が治します。
治療師が治すなどと言う、思い上がりを持っては駄目だが、治療師の価値は「治して、なんぼである」。

「治さなきゃ、只の詐欺師だ」

 治す為には、なぜ治るのか、どう言う理由で、痛みが発生し、どうした結果、慢性化したのか、なぜ動かないか・・・なぜ、どうして、どうしてと、解剖学、生理学、病理学をそして東洋医学を駆使し「治せる方法、治る理由」つまり発生原因をハッキリさせ、原因消去をしなくてはならない。

 そして、一番大切な事は技術である、お灸師は指先で病気の巣を感知しなければならない、指先の感覚で病気の重さを感じなければならない。触れる感覚の中で総て症状や状態を感知する能力を養わなければならない。その上でこそ、「一緒に治しましょうね」と言えるのです。

治療師が治療結果に対する情熱と責任を失うと、治療行為自体が「只の苦しみ」。

 治す目的と責任を押し付けられるから、「楽しいのだ」、治すと言う目標に挑戦し続けられる、治療師は人生最上の喜びであり、幸せである。


丸井庵
グーループ会員

主宰
施術処 まるあん
院長 有留秀雄


宮崎丸井庵会
丸井庵 宮崎
院長 末廣富夫


宮崎丸井庵会
東洋医療治療所

院長 中武宣和


ひびき庵 京都市
院長 塩見響三


宮崎丸井庵会
鍼灸堂 押川

院長 押川 隆