灸治療と治癒の歴史 宮崎県 延岡市 鍼灸院 
丸井太郎
論文集
院内広報誌
東洋療法随想
東洋療法随想U
灸治療の歴史
お灸の科学
お灸のお話
古法灸療法
血管製造屋
炎と痛
お灸は天山を
越えた
針治療
リンパ誘導マッサージ
持ち帰り治療
修業日記より
講演会
花芽
生かされる縁
血の病
灸の字は
いじめと虫切り

 
 もぐさ商人より、昭和十一年四月十八日発行された伊吹艾
と亀屋左京と題する本を戴きました。

 お灸治療は、色々と諸本が発行されていますが、お灸に使
う艾に付いての本は少ないようです。しかしお灸をする上で
一番大切なものは艾です。艾の質の悪いものや隔絶灸用の
艾を間違って使用すると火傷を生じるし、水泡の大きいもの
生じさせてしまう事になり、とても治療にはなりません。

 伊吹艾のご本の中には、法然聖人や後白河法皇の灸治の
日記や日蓮聖人の「開日鈔」が紹介されており、特に日蓮聖
人の「子供ニ灸治ヲ加レバ必ズ父母ヲアダム、又一子ノ重病ヲ灸セザルベキヤ」との言葉の意味には、心胆を震える想いが感じられました。

 後白河法皇の日記「玉葉」には「此日吉日ニ依テ「宮」御灸
治ヲ加ヘ給フ、御腹痛云々」と詳しく昔の事例を記載されて
おります。

 中でも、亀屋左京氏の名園蔵六亭で休憩をされた、諸大
名の掲示札の記載を見て驚きました。。

歴史上の有名人が数多く、抜書での一部を紹介しますと、
天保申年二月 金地院、四月藝州家中、五月薩州家中、
同 片桐石見守様、九月 御目付、酉四月 小笠原大膳太
夫様 五月 織田大和守様、同 土佐家老、同 柴田織部様
八月 伊達但馬様、同北條遠江守様、戌四月 本願寺、
九月 身延山上人、亥五月 毛利伊勢守様、八月 板倉伊豫守様、同 伊達遠江守様等々、
恐らく全ての大名が一度は立ち寄ったと考えるに足る資料で
す。

 亀屋左京氏に付いては、江戸吉原で散財し芸者衆を通し
て「伊吹さしもぐさ」の歌を歌わせて宣伝し、伊吹の艾を広めた、豪商で色々な逸話が残る人であります。

 此の資料等からも推測出来るように、灸治療は今から五百
年ほど前には、日本の中枢を担う人達が健康維持の為に盛
んに行われていた事実を物語っておりますし、この方々はあ
らゆる面において、確かな知恵や情報を持ち合わせて居た
人々です、
その人々がこぞって、お灸治療をされたと言うことは、当時も
お灸の治癒効果は、かなりの高いレベルであったと考えるべ
きです。

 

 当時江戸市内で艾の売り子が連呼した掛け声は「エー 名
物伊吹艾で 御在い、此の艾で 灸治すれば、病の神はに
げて仕舞、万病必ず全快は、請け合いです、エー名物伊吹
艾」

 
藤河内渓谷山の道

日之影町