極天の鳥居と皇居  笠沙  笠沙の岬碑  愛の霊泉  癒しの磁場 海幸山幸展望台
鳥居の由来を記す
雨風より保護
 391年前の記録・男女平等の證[あかし]

笠沙の岬は大きく二つの山に分かれます。東側が少し小さく
南側は大きい山です、主体を成す大きい山の山上にある神社
が愛宕神社奥の院と呼ばれる所です。
奥の院の鳥居が変わった鳥居なのです。写真を良く見てください、
下は石造りですが、鳥居の笠の部分は木製です。         


この鳥居横には、由来の碑がありその内容は以下の如くである。
今から391年前延岡城主有馬直純の奥様日向御前が愛宕山が
婦女子の登山を禁止して居る事に対し男女の権利平等であると、
男女差別の可笑しさを修正する為に臣下婦女子を引き連れ極天
さんに参拝を行い、その証として鳥居を奉納した。
その鳥居を保存するとある、又この地は通称「ごってんさん」又は

笠沙の御殿さんと呼ばれている。(神代皇居笠沙の宮)
前より境内を

奥の神社の杜

碑の内容
元延岡城主有馬左衛門佐直純ガ肥前島原四万石の城主
であった慶長十九年七月更に一万三千石増封があって
五万3千石延岡の城主となった直純の室は徳川家康愛
寵の曽孫日向御前である。従ってその生活も亦○○で化
粧料として別に美濃国に二千石が充てられていたその
名高き日向御前が愛宕神社は山腹の拝殿以上婦女子の
登山が禁止されているのを遺憾として男女は元同権で
ある如何にして○の如き差別をなくするかと自ら先づ
臣下婦女子を伴い山頂の奥神殿に参拝した而してこの
證として木造鳥居を建立奉納したこれが○の鳥居の由
来である今其の笠木が残存している直純ガ延岡移封は
実に三百四十八年前のことでその頃より此の如く由緒
深い鳥居であった茲に残存せる笠木を愛宕神社氏子総
代会に於て之ガ顕彰を決議し保存することにした
  昭和三十七年三月
  中西松江 題額 年森榮選書

このPHは糾ロ井庵ヘルシーの協賛で公開しています