癒し気の磁場    笠沙  笠沙の岬碑  海幸彦・山幸彦  愛の霊泉    
クリックすると写真を
拡大できます

第1の磁場
聖霊の磁場付近
第2磁場
暖和の磁場
 山に登ると元気になる場合が好くあります、中国には山全体が、気の磁場になっており、そこに居るだけで元気になる現象があり、療養所が立てられていると聞きます。

 著書「癒し、癒されて」に種子島の気の磁場について書きましたが、最近愛宕山(笠沙山)によく登る関係で、気の変動現象を何度か感じましたので先日時間を取り調査をしました。

 愛宕山の3箇所に磁場の発生源について、あくまでも個人的な感覚で提供する資料です、能力のある方は追試をされますようお願いを申し上げます。

 第1の発生箇所は、水神さんの入り口鳥居(東屋)のある曲がり角が中心で800Mの標識がある所より感じられます。非常に清まる感覚のする気の磁場でお払いを受ける感覚があるので聖霊の磁場と名づけました。邪気を払い心の健康が得られる場所と思います。

 第2の磁場は展望台駐車場より、極天山に上がると、右側にお大師さんの居る広場がありますその直下の公園広場が中心です。この磁場の気は緊張をゆるめる気が発生している関係で暖和の磁場と名づけました。緊張が連続するような仕事をされる人には良い癒しとなる場です。

 第3の磁場は、極天山と小野町への折口の三叉路に、小さな祠があります、その祠より南へ20メートル程下った場所です。此処はオレンジ色の暖気を感じる場所で、その感覚が囲炉裏端の火の感覚に似ていたので、囲炉裏の磁場と名づけました。この場所は慢性の炎症や痛みの者にとっては、治療に役立つと思います。どうぞ、皆でその場に立って癒しを感じて下さい。

 すべての磁場が半径60メートル以上の大きさがありますので、お近くまで行くと敏感な方はすぐに感じると思います。気功で云うと、数百人分の力のある磁場ですので、病気上がりの方には疲れる場合があります。

 又、水神さんの水が、この3つの磁場の中にある関係で、効果があるのでは、とも考えられます。皆さんの感覚のご意見をお寄せください。

クリックすると写真を
拡大できます

第3の磁場
囲炉裏の磁場


囲炉裏の磁場
上から見た日向灘
囲炉裏の磁場
西側高千穂を望む
お問い合わせはメールで  丸井太郎