芽の出の悲しみ  宮崎県 延岡市 鍼灸院 
丸井太郎
論文集
院内広報誌
東洋療法随想
東洋療法随想U
灸治療の歴史
お灸の科学
お灸のお話
古法灸療法
血管製造屋
お灸は天山を
越えた
針治療
リンパ誘導マッサージ
持ち帰り治療
修業日記より
生かされる縁
炎と痛
講演会
血の病
灸の字は
花芽
変形性膝関節症


青い麦穂の揺れる田畦を歩きながら、この季節はいつも考えさせられます。

なぜ人は病気に罹るのか。

なぜに治らないのか。

春の風が吹くと、芽の出の雨と共に病気が多くなる。
昔の人は、色々と言葉でこの事伝え現した。

木の芽崩し(キノメクズシ)
桃の花散らし(モノハナチラシ)
花の芽崩し(ハナノメクズシ)
花冷え(ハナビエ)

春の氷雨はおもむろに肌を冷たくする。

肌の冷たさは、体内水分の動きを止め、体内に冷えを深くします。

この季節、循環障害や神経障害の多発する原因は、そんなところにある。

慢性の痛みをより、慢性化する。
そして、一雨、一雨、痛くする。


慢性の病気は
「治らない病気だから慢性になる」
と言った医師がいました。


その通りである。

治そうとする努力が足りないので
慢性化したと言える現況もある

県立松山病院
東洋医学研究所

懸命に発売中です
「ふしぎなの治療 
−灸師の想いー
著者 有留秀雄
【 有名書店及びネットにて発売中 】
丸井庵院長 有留秀雄著

ふしぎなの治療」の案内

帯広告より抜粋
お灸の神秘にふれて

東洋医学は天山回廊を越えてきた・・
鍼灸は五臓五腑を整える
奇跡の瞬間は、祈りの心との出逢い
数千年にわたって伝えられた鍼灸の技と
治療師の経験と心を惜しげなく伝える一冊
文芸社 ◎定価1200+税
癒し癒されて
治療室には残部少し