高齢者のギックリ腰   宮崎県 延岡市 鍼灸院 
丸井太郎
治療集
ムチウチ症
肩こり治療
頚椎捻挫後遺症
五十肩
ギックリ腰
慢性腰痛
私も腰痛
第五腰椎の謎
坐骨神経痛
椎間板ヘルニア
膝関節炎
膝関節治療
膝関節を治療
する
筋肉痙攣
めまい
メニエール症候群
更年期障害
頭痛
頭痛2
大後頭神経
自律神経失調
慢性肝炎
尿失禁
扁桃腺炎

  年齢 85歳 女性 氏名代番C-553           2000/9/16        

主訴  9月9日にベットを降りようとして、腰をひねり腰が伸びなくなり、歩行できず。
     ご子息に抱えられて、11日に初見する。

     伸展不可の原因は、右の第2腰椎横突起及び第5腰椎横突起の腫れに、あ
     るようだ。按圧すると痛みがあり、伸展位を取らせると痛みの発生がある。
     強圧すると骨がもろくなっている
〔骨粗しょう症〕になっているので、骨折の恐
     れあり。ソケイ部の痛みもあり、寝がえりはできない。


治療  初めての鍼治療で怖がっている、心配ないと伝えるも心情不安なようである。
     ごく一般の雀啄鍼を軽度に行い、「鍼は怖いか」の質問に「解からなかった」
     の返事、
〔術者の技術程度により、鍼の刺入時痛は有り無しが決まる〕

     その事を理解して頂き、若干の伸展位を取らせながら、一日目は数回に分
     けて治療を行った。

     9月13日には、院内歩行は可能であったが、寝返り時に第5腰椎の周囲痛
     がある、伸展位で針を行い、寝返り時の痛みの強く発生する姿位をとらせ、
     針治療を行う、また腰方形筋、腸腰筋の停止部に対して、軽度の針治療を
     行った。

     9月16日は、自力で0.8キロの道を歩いて来院、伸展、寝返り共に違和感
     も痛みも無い第5腰椎の右に、針を刺すと痛みがある、筋捻挫の傷の跡と考
     えられる、柔らかくホントに軽度の鍼治療を行い、一応の治療終結を告げて
     帰す。


     
但し30日程度は筋肉内の捻挫の傷は消去されていない事を告げ、過労に
     ならないよう、また動く折には、柔らかい腰のストレッチを行ってから動くよう
     指導と助言をした。

    
 9月25日 ご近所の人に頼み、その後の話が届いた「おかげさまで腰痛は
     完治した、元気に過ごしているので、先生に感謝の言葉を伝えて欲しいとの
      」お礼の言葉でした、本当にありがたい事です。

     私の技術は、多くの患者さんを治療する事により得られたもの〔患者さんよ
     り頂いたもの〕
なのに、心からお礼を又頂く、申し訳ないネ 

椎間板ヘルニアと呼ばれている坐骨神経痛

   年齢 30歳 女性 氏名代番C-552         2000/9/14           

主訴  25日ほど前から軽度の腰痛があり、7日ほど前に急に左臀部と下腿外側の
     痛みの為に、歩行出来なくなり、ある整形外科に行きMRIの検査をうけた処、
     椎間板ヘルニアの診断を下された。治療は消炎剤、鎮痛剤、胃薬を、その後
     使用している。

     痛みは徐々に少なくなって来たが、大腿外側の知覚異常と下腿前側のしび
     れ感がある。

     MRIの診断では黒い部分があるので、鍼治療はしない方がよい、ブロック注
     射を勧められたが、夫が絶対反対で鍼治療を受けたいと来院した。

     背屈しても、特に神経根圧迫症状は検出されないが、ラセーグ伸展すると坐
     骨部に緊張性の痛みが生じる、ベチテルテストは陽性である。

治療  小殿筋の硬縮による、神経根圧迫と急性腰筋捻挫による反射性の知覚異常
     を想定して、腰部及び臀部、そして前脛骨筋の鍼治療を行った、
     治療後数分で知覚異常も痛みも完全に消失した。月曜日に再来院を告げ帰
     した。

                          
 2000/9/18

経過  翌日と翌々日にかけて長距離ドライブを慣行する、〔14日に絶対禁止と告げ
     ているにも関らず〕
阿蘇観光に出かける。

     初診時より症状の悪化している、腰部皮膚神経が過敏と成っているので、腰
     筋の炎症があると推測される。

     腰部の散鍼とラセーグ伸展位での坐骨神経に対して鍼を行うと、症状は完全
     消失した。金曜日の再来院を告げて帰した。その後の結果は聞いていない。

        




柿と稲穂












藤袴





虎杖





阿蘇水源