持ち帰り治療   宮崎県 延岡市 鍼灸院 
丸井太郎
治療集
院内広報誌
東洋療法随想
東洋療法随想U
灸治療の歴史
お灸の科学
お灸のお話
古法灸療法
血管製造屋
お灸は天山を
越えた
針治療
リンパ誘導マッサージ
持ち帰り治療
修業日記より
生かされる縁
炎と痛
講演会
     
        
 悩んでいる、その事がもう病気

 良く、○○と言う病気で困っています、治りますかと電話で質問が来ます。
病名では治療効果は決定できません、病名より病気の深さとか、症状の慢性化などが、治療
の期間や治療量等に深く関係してまいります。

 又、治療方法の誤りで、疾病の迷路に迷い込み、希望を失っている人は多くいます。

 誰も病気で悩む為に生まれた者はいない筈です、解決法は必ず用意されていると考えて
治療方法を変更される事をお薦めします。

 全ての病気や症状が火の治療「お灸」で治るとは限りませんが、病気が慢性症で深い程、症状は激しい程、治療効果は大きく反応し、結果は好転する事が多く、効果も早い。

 悩む時は、一度原点立ち返り、治療方法や考えを換える事が、良策な時期です。
悩みは「迷い」から発生します、「治す」と心を整えて、治療を行うと良い効果が得られます。


 ツボは生きている身体に存在し、人により、病状、体力、気力により、日々変化しす。
本には病名により、有効なツボを決定していますが、治療法やツボを既製品にすると、効果が無くなります。治療法やツボは、患者一個人に通用するオリジナルなものなので、書類になり
ません。 

 患者さんには、当治療院は数回の通院をする事さえ遠いところです。でも灸師である以上
「必ず治ると判っている、疾病を放置する」事はたいへん残念で哀しい。

 治療師それぞれの持つ技術は、各疾病に対し、得手・不得手が有り、何度も治癒した経験の
有る疾病に対しては症状、原因、治療経過、治癒期間、年齢による差異、治療り過誤まで熟知
し、状況が一致すると奇跡的な治療結果になります。経験を多く積んだ治療師にとっては治る
事は普通で「当たり前」な事でなくてはならないのです。

              治る事は、当たり前です。
         〔治らない治療がある事が問題なのです〕

宮崎県では70Kmの移動に特急で約1時間かかります、一般的に通院される距離は
約40Km程度です。しかし、距離は近いが片道2時間の椎葉村や又片道5時間距離の
鹿児島県川内市、熊本市に住む人達が継続して通院をされています。

なぜ、1日かかる遠距離を治療を受けに来られるのでしょう。
治療後2〜3日は逆に通院の過労負担でかえって悪化します。
その答えは「当院の治療は、持ってれ帰る治療です」。
火の治療「お灸」はツボを確定さえすれば、ご自宅で継続して行えます。

花壇

大瀬側夕景

昼顔


治療室U

 

留意事項

初来院日は月〜金曜日を選択して下さい。木・土曜日は半日治療で午後休診です。

来院前に症状を詳しく連絡ください、効果や治療法に付いて説明を致します。

施灸を自宅で行える人は一度取穴をすれば、後はご自宅で治療できます。